ファイリングシステム、ケアストリームヘルス医療用品、内視鏡、介護用ベッドの西日本エムシー株式会社

西日本エムシー|ファイリングシステム、ケアストリームヘルス医療用品、内視鏡、介護用ベッド

お電話でのお問い合わせは092-413-1212

ファイリングシステム



医用画像ファイリングシステム“Medister”は各種DICOMモダリティ(CR,CT,MR等)からのDICOM画像データを受信保存し、その画像データの表示を行います。
画像データは非圧縮保存又は非圧縮と圧縮の併用保存でローカルHDD(コンピュータ内臓ハードディスク)に効率的に保存をするユニークな保存方式です。
Medister Mは簡易サーバー機能を持ち、Medister Clientの増設により、容易にサーバー&クライアントのネットワーク運用が可能です。

ネットワーク接続例

Medister (クライアント部)の主な機能
■データリストの表示とリスト検索機能 ■WW/WL(C)の調整機能 ■画像のネガ/ポジ反転表示 ■2点間距離計測 ・矩形面積計測 ■丸/楕円面積計測 ■3点間角度計測 ■画像の拡大/縮小機能 ■部分任意拡大(虫眼鏡)機能 ■表示(イメージ)フォーマット切替機能 ■モアレ(干渉縞)低減表示機能 ■マルチイメージビュア(最大4イメージビュアを同時起動可能) ■アノテーション表示/非表示切替機能 ■シネ(ムービー)再生機能 ■画像ファイル(JPEG)エクスポート機能 ■Windows/DICOMリプリント機能 ■DICOMライフサイズリプリント機能
Medister (サーバ部)の主な機能
■DICOM Storage DATAの受信 ■DICOMデータのデータベース登録と保存 ■圧縮/非圧縮保存機能 ■MedisterClientからのQuery & Retrieveに対応 ■DICOMデータインポート機能 ■データベース更新機能





スピーディなワークフロー

CTやMRの画像表示では複数スタディの一括表示やシリーズ分割表示によるレビューでスピーディで効率的な表示が行えます。又、ドラッグ&ドロップ操作で表示シリーズの入れ替えが可能です。更に、スタック表示やシリーズの同期表示、FOV表示にも対応します。

充実したビュア機能

各種計測機能に加え、クロスレファレンス機能によるレファレンスラインの表示/非表示切替が可能です。
ROI計測では、領域内ピクセルの最大値/最小値/平均値/標準偏差値/面積を計測表示します。
CR画像などを使用するディスプレイ(解像度)にあわせて、ライフサイズ表示が可能です。更にWW/WL(C)調整はマニュアル以外にモダリティごとに6種類のLUTを設定し、ファンクション(F1〜F6)キーに割り当てることが出来ます。又、ノンリニアLUTを任意に作成し、自由な階調調整を加えることが出来ます。

オプションによる機能拡張

CTやMR画像によるMPR/MIP処理を行うアプリケーションや、キー画像(2枚)を入れたレポート作成機能をオプション(別売)で拡張することが出来ます。又、オプションのサーバーエクステンション機能を搭載すれば、DICOM簡易サーバとして運用することも可能です。

【写真:左】
MPR/MIP機能(別売オプション)の起動画面です。MPR, Curved MPRの画像がリアルタイムで処理できます。

【写真:右】
レポート機能(別売オプション)の起動画面です。施設名や医師名の登録機能、及び所見の雛形登録も行えます。

mid.Works の主な機能 (*標準搭載)
■マルチシリーズ表示(最大8シリーズ同時表示)/タイル型表示 ■スタック表示対応 ■シリーズ入れ替え表示 ■スライス位置同期表示 ■FOV表示機能 ■表示画像の拡大/縮小機能 ■ライフサイズ表示 ■画像パンニング(移動)機能 ■WW/WL(C)任意調整機能/モダリティ別の任意LUTプリセット機能 ■ノンリニアLUT(画像階調)の任意設定登録機能 ■ネガポジ反転と擬似カラーLUT ■CTR(心胸隔比)測定 ■2点間距離計測 ■3点間/4点間角度計測 ■ROI(矩形・丸/楕円・ポリゴン/多角形)計測:最小値/最大値/平均値/標準偏差値/面積 ■テキスト/矢印線挿入 ■イメージ保存機能(BMP・JPEG・TIFF) ■イメージコピー機能(BMPファイルでクリップボード保存) ■ムービー表示機能とムービーファイル作成機能 ■3モード画像補完機能(Simple/Linear/Cubic) ■プリント機能(Windows / DICOM):プリントコンポーザによる編集プリントが可能 ■シングルメディアアーカイブ(DVD-RAM・CD-R・USBメモリ) ■ビュアオンメディア(シングルメディアアーカイブにビュアをアタッチする) ■アーカイブ履歴(ヒストリ)機能 ■マルチモニタ(2ディスプレイ)対応 ■データ削除機能(自動/手動) 【注】表示するデータによって、上記の機能を実行できない場合があります。(いくつかの機能はデータに依存します)





リモートサーバによるDSP(Data Service Provider)システムをご利用になる場合の標準クライアントとしてDSPシステムとの親和性の高いクライアントビュアです。
また、Mighty Xc(クライアントビュア)の起動と同時に画像サーバ(※1)はデータベースリストを自動的に更新します。従来のようにクライアントがデータリストの更新 や検索などを行うことなく、最新のリストが表示されるので必要な画像をすぐにビュア表示し、画像レビュー(参照)に移ることが出来ます。
更に、同一患者に複数(過去)検査があれば全てリスト検索され、表示することが出来ます。

Mighty X 運用図

主要機能

シリーズ操作機能 ■シリーズサムネール表示機能 ■表示シリーズ/未表示シリーズ識別機能
■表示シリーズ追加機能 ■表示シリーズ入替機能■シリーズ(スライス位置)同期表示機能
画像操作機能 ■イメージ移動(ハプニング)機能 ■画像拡大/縮小機能 ■ピクセル等倍/フィット機能
■Window値(WW/WC)調整機能 ■白黒(モノクロ)反転機能
■水平(横180度)反転/垂直(縦180度)反転 ■左90度回転/右90度回転機能
■180度回転機能 ■アノテーション表示項目(DICOM Tag)設定
計測機能 ■面積計測機能(四角/円形/自由短径) ■距離(2点間)計測機能
■CTR値(心胸隔比)計測機能 ■角度(3点/4点角度:Cobb角度)計測機能
■オブジェクト挿入機能
>テキスト挿入機能 >矢印線挿入機能
表示形式機能 ■シリーズレイアウト(縦/横)切替機能 ■フィルム表示(シリーズ非分割)機能
■スタック表示機能 ■分割(レイアウト)テンプレイト機能





DICOMイメージサーバ(画像サーバ)機能はモダリティからのDICOM Strageデータを受信し、データベースへの登録と保存を行います。Spider Serverでは画像データ発生量に応じて、データ保存領域(ハードディスク)を1TB/1.5TB/2TB/4TBの4種類から選択可能です。PACSの導入に、DSPシステムと併用すると、Spiderサーバを一時保存サーバとし、更にバックアップ保存や拡張機能として、当社が運営管理するサーバセンターのリモートサーバ(DSPサーバ)にデータをアップロードできます。データは院内及びリモートサーバに多重分散保存され、保存の安全性が飛躍的に向上します。クライアントビューワについてはSpider Serverとシームレスな運用が可能なMighty-XcやMedister、更にワークステーションタイプのmid.Worksなどで構成することが出来ます。

主要機能

DICOMサーバ機能 ■DICOM通信機能 ■DICOM Storageデータの受信・受信データのデータベース登録
■DICOM Storageデータの保存 ■DICOM Query&Retrieve(SCP)機能
■DSP(サーバ)ルーティング機能
オンサイト・ローカル・サーバ(院内設置サーバ)/
DSPシステムルーティングサーバ
■Spiderサーバを院内のDICOM画像サーバとしてPACSを構築する院内完結型システム
■Spiderサーバを一時サーバとしてルーティングによるDSPサーバ利用型システム
サーバアプリケーションシステム ■DICOMファイルインポート機能 ■サムネール画像自動生成機能
■データ自動削除機能(FIFO) ■アクセスアカウント(クライアント)管理機能
■アプリケーション連携画像出力(※開発中) ■オートルーティング機能(※開発中)





UNI PACSの画像サーバはタワー型サーバ仕様(Windows 2003Server)のコンピュータをプラットフォームとし、データストレージ(保存)は大容量のNAS(Network Attached Storage)を2基で1ユニットとして使用する二重化保存です。
画像(DICOM)データの保存は一切の圧縮を行わない非圧縮保存で、電子データの真正性を確保する一方、クライアントへのデータ転送は独自技術による超高速化を実現しました。
UNI PACSの画像サーバシステムで使用するクライアントビュア(リモートビュー)は、あらゆるモダリティの画像レビューに対応する画像ビュアです。

UNI PACS 画像サーバ 仕様(概要)

コンピュータ仕様 ■筐体:タワー型PC ■CPU:DualCore Xeon×2 ■メインメモリ:4GB RAM ■HDD:146GB×3
■ネットワーク:10/100/1000 Ethernet ■オプティカルドライブ:CD/DVDドライブ
■OS :Windows Server2003 R2 ■15inch SXGA TFTカラーモニタ(1)
外部ストレージ仕様 ■NASドライブ ■ディスク総容量:2TB(500GB×4基) ■データ保存(実)容量:1.5TB
■RAIDクラス:RAID 5
上記仕様のNASドライブ2基を標準装備し、NASドライブ間はミラーリングによる二重化保存となります。
サーバ
(ソフトウェア)仕様
■画像(DICOM)データの受信と保存 ■データの二重化(バックアップ)保存
■DICOM Query/Retrieve対応 ■オートルート(1リモート)機能

UNI PACSの画像サーバシステムには、標準仕様でクライアントビュア(リモートビュー)の5ライセンスが含まれます。お客様の保有するコンピュータ(*動作環境を満たすもの)で最大5箇所から同時アクセスして、サーバの画像をレビューすることが出来ます。

サーバオプション

クライアントビュア(リモービュー)ライセンス
サーバの画像をレビューするクライアントビュアの追加ライセンス(ハードウェアは含まれません)です。
外部ストレージ
2TB(500GB×4基)のNASを2台で構成する増設用外部ストレージです。
モダリティワークリストサーバアプリケーション
DICOMのMWMサービスを提供するワークリストサーバ機能をもつことが出来るオプションです。

mid.Works

mid.Worksは高機能な画像表示ワークステーションです。クライアントビュア(リモートビュー)の機能に加えて以下の機能を搭載できます。
■MPR/MIP機能 ■高機能DICOMプリント ■シングルメディアアーカイブ機能 ■アタッチビュア機能 ■QAファンクション機能